ホーム > ブログ > 人事関連資料 > 【コロナ休業対策】「雇用調整助成金」特例措置拡大について

【コロナ休業対策】「雇用調整助成金」特例措置拡大について

出所 厚生労働省
概要 雇用調整助成金は、経済上の理由により、事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、雇用の維持を図るための休業手当に要した費用を助成する制度です。
新型コロナウィルス感染症により影響を受ける事業主を支援するため、4月1日~6月30日の緊急対応期間中は、全国で、全ての業種の事業主を対象に、雇用調整助成金の特例措置が実施されています。
中小企業の場合、要件を満たせば90%の賃金助成となり、パートアルバイト等の休業補償も助成を受けることができます。
また、受給要件が緩和され、生産指標は対前年比(1ヵ月)5%減で対象となるほか、
既に休業を実施していても事後申請が可能で、休業等の初日が令和2年1月24日以降のものに遡って適用されます。
URL https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/pageL07.html
メニュー