ホーム > ブログ > 人事関連資料 > 令和元年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況

令和元年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況

出所 厚生労働省
概要 令和元年の新卒者の初任給について、男女計の初任給は全ての学歴で、昨年に引き続き前年を上回った。
大学卒の初任給は21万200円(前年比1.7%増)、大学院修士課程修了者は23万8900円(同0.1%増)、高専・短大卒は18万3900円(同1.4%増)、高校卒は16万7400円(同1.4%増)と、いずれも増加。男女別では、男性の大学院修士課程修了者のみが前年を下回った。
URL https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/19/index.html
メニュー