ホーム > 人事の統計資料 > その他処遇条件 > 企業規模別の有給休暇取得状況の推移

企業規模別の有給休暇取得状況の推移

概要

労働者1人平均年次有給休暇取得日数を規模別にみると、企業規模が大きくなるほど日数が増える傾向にある。全規模で年々増加傾向にあり、12年間で約2日増加している。

出典:厚生労働省 就労条件総合調査結果

年次有給休暇取得日数の経年変化(規模別)

※画像をクリックすると拡大します

メニュー