人事戦略策定のポイント

-もくじ-

  1. 人事戦略とは?
  2. 人事戦略策定のポイント
  3. 人事戦略の位置づけ

1.人事戦略とは

人事戦略とは、

【外部環境適応】 外部環境の変化や動向に適応しながら
【内部環境適応】 企業理念や経営・事業戦略を実現するために
【価値観・企業文化】 どんな価値観や企業文化を大切にし
【求める人材像】 どのような人材(求める人材要件)を
【フレームワーク】 どのようなフレームワーク(orキャリアパス)で
【要員・人件費】 どれくらいの人数や人件費をかけて
【マネジメントポリシー】 どのように採用・配置・育成・代謝、評価・処遇するか

についての考え方や方向性と言えます

 この人事戦略がないと、例えば、

  • 経営理念や経営戦略の実現を阻害してしまう
    (新規事業でチャレンジが必要なのに失敗すると悪い評価となる等々)
  • 流行りの制度論に右往左往してしまう
    (最近話題の“ジョブ型”をうちにも。“定年延長”しないと…等々)
  • 社員の不満・要望にあたふたしてしまう
    (手当がない・昇進したくない・転勤したくない等にどうしよう?…等々)

といったことが起きやすくなります。

 折角、労力をかけて経営者や人事部が行なっている人事施策(採用、配置異動、人材育成、人事制度等々)が功を奏さず、良い人材が入社しない、入社してもうまく育てられない、あるいは優秀な社員ほど辞めてしまうといった問題は、「人事戦略」が欠けているからかもしれません。そうならないためにも、「人事戦略」を明確にし、それに基づく人事施策を立案・実行し、PDCAを回しながら、継続的にブラッシュアップしていくことが肝要です。

2.人事戦略策定のポイント

 人事戦略の策定ポイントは、以下の通りです。

整合性

■ 経営戦略やビジネスモデル、業務・組織体制と整合性がとれていることが大切です

適合性

■ 労働法規制(長時間労働、65歳超雇用etc.)や社会情勢(働き方改革、ワークライフバランス、テレワークetc.)等の外部環境に適合していることが大切です

一貫性

■ 人事制度(等級・キャリア、評価、賃金)や採用・育成・配置・代謝等の各種人事施策間に一貫性があることが大切です

 これらのポイントを押さえて「人事戦略」を策定し、それに基づく具体的な人事施策を講じていくことが肝要です。特に、人事施策は、売上等の業績との因果関係が分かりにくいことに加え、施策と効果のタイムラグが比較的長いという特長があります。
 だからこそ、「人事戦略」を基軸としながら、中長期的視点を持って、先手先手で策を講じながら、継続的に改善していく、“戦略的な試行錯誤”が求められます。

3.人事戦略の位置づけ

 人事戦略の位置づけは、以下の通りです。

人事戦略の位置づけ