JA(農協)向け 人事制度の構築ポイント

-もくじ-

  1. JA(農協)の人事制度を構築するにあたって
  2. 構築のポイント

1. JA(農協)の人事制度を構築するにあたって

  正組合員の減少や農業生産額の減少がもたらす経営環境の悪化は、今後さらに拍車がかかると予想され、結果としてJAの事業量/事業総利益の持続的低下は避けられない状況にあると考えられます。
このような状況下では、事業管理費の中で大きなウェイトを占める人件費のさらなる削減が必要です。このとき重要なことは、「中長期的な視点の下に、計画的に抑制していく」という考え方です。当期の利益確保を目的とした場当たり的な(=短期的視点での)人件費カットをしてしまうと、職員のモチベーションや組織構成に大きな影響をもたらす恐れがあります。

【全JA】事業総利益および人件費の対前年比

2.構築のポイント

中長期的な人件費を抑制する

 中長期的な観点から人件費を抑制していくためには、以下の6つの施策が考えられます。組織実態や導入効果を踏まえ、これらを組み合わせた人事制度設計を検討すると良いでしょう。

中長期的な人件費を抑制する6つの施策