ホーム > ブログ > 人事ブログ > 戦略人事を支える情報技術 教育編

関連ブログ

新着記事

カテゴリ

月別アーカイブ

戦略人事を支える情報技術 教育編

2021年01月20日 カテゴリ:HRテック

執筆者:町田 耕一

人事戦略研究所 コンサルタント

大学院修了後、大手ERP開発企業で、人事給与システムの導入・保守に携わる傍ら、残業削減を含む社内改善にも携わり、成果を出す。 新経営サービス入社後は、人事・情報技術の知見を活かし、人事制度策定・運用だけでなく、生産性向上と業務効率化に向けた開発も行う。 AIをビジネス価値につなげるための知識を有しているかを検定する、JDLA Deep Learning for GENERAL 2019#1(通称G検定)合格。基本情報技術者。AIPA認定AI・IoTジュニアコンサルタント。

人事において、社員の能力を必要に応じて伸ばす教育の充実は重要です。
オックスフォード大学教授が2017年に発表した『雇用の未来』という論文では、「2030年に仕事で必要とされるスキル」1位は「戦略的学習力」とされています。

戦略的学習力とは、「新しいことを学んだり教えたりするときに、状況に適したトレーニング/指導方法と手順を選んで使える能力」のこと。コロナ下では特に、自発的に必要な能力を強化できる体制作りが重要となります。

弊社でも評価者研修や様々な人事関連のセミナーをwebでご受講いただける体制を整えております。また、コンサルタントから大学生への講義を遠隔で行うこともございました。

世の中でも、様々な内容を遠隔で学べるサービスが提供されておりますが、今回は最近日本でも話題になってきている「LinkedInラーニング」を紹介いたします。

〈LinkedInラーニングの特徴〉
・多様なテーマを学ぶことができる(人事、マネジメント、情報技術など)日本語のコースは900以上、英語等もふくめると16,000以上のコースあり
・数分の学習を重ねることで、テーマごとに理解を深めることができる
・7億人以上が使うビジネスSNS「リンクトイン」に登録すると、自分のページに修了した講座を掲載することができる
  ⇒ つながりのある他者の学習履歴を講座単位で参照可能
・スマートフォンアプリでも使用できる
・ビデオ受講後に活用できる資料を共有している講師も多数いる

SNS「リンクトイン」は利用せず、LinkedInラーニングだけでも登録・学習できます。
しかし、SNSと併用して、繋がりを広げると、社内外で活躍しているメンバーがどの分野をどれだけ学んでいるかが分かるようになります。
これにより、学習テーマの興味・関心が広がったり、「自分も学習しなければ」といった動機付けになったりして、自発的な学習を促す効果も期待できます。

ぜひ、新しい角度で、新しい世界を学び、実力を磨かれてはいかがでしょうか。

バックナンバー

※コラムは執筆者の個人的見解であり、人事戦略研究所の公式見解を示すものではありません。

メニュー