ホーム > ブログ > 人事ブログ > iWAM(アイワム)①概要

関連ブログ

新着記事

カテゴリ

月別アーカイブ

iWAM(アイワム)①概要

2020年01月10日 カテゴリ:教育・能力開発

執筆者:飯塚 健二

人事戦略研究所 マネージャー

独立系システム開発会社にてSE・人事・経営企画等の実務を経験。その後、大手金融系シンクタンク、監査法人系コンサルタント会社にて人事コンサルティングに従事した後、現職。中小企業から大手企業まで規模を問わず幅広い人事・人材育成コンサルティング実績を持つ。 経営戦略の実現に向けた人事制度改革・定着化や要員・人件費マネジメント等のハードアプローチに加え、言語科学や行動科学の知見を活かした人材開発(コミュニケーション研修やビジネススキル研修、コーチング・ワールドカフェ等)を手掛ける。iWAM®認定マスター107-0001取得。

ベルギー生まれの総合適性検査ツール、iWAM(アイワム)。iWAMに関連する書籍として日本で初めて出版された『「職場のやっかいな人間関係」に負けない法:「あの人」の言葉のクセに解決の糸口がある』(三笠書房。飯塚健二著)。本書では、「人間関係」という視点に絞って執筆しましたが、本ブログでは、それ以外の観点からの活用方法を紹介します。

まずは、iWAMの概要をご紹介します。そもそもiWAMとは、inventory for Work Attitude and Motivationの略で、認知科学をベースに、職場で使っている「言葉」に着目し、その人がどのように考え、感じているかを分析し、体系化したものです。

2001年ベルギーでパトリック・メルレベーデ氏により開発され、グローバルツールとして、現在、20言語での受検が可能で、世界35か国以上で活用されています。16カテゴリーで48の認識スタイルに細分化することで、その人の特徴を的確に診断することができます(なお、前述の書籍では、このうち10個のカテゴリーについて触れています。iWAMの全貌を知る専門書については出版を待たれたい)。

インターネットで40問の質問に答える(所要時間約30分)だけで、個人分析(パーソナルレポート)、関係性分析(ペアレポート)、チーム分析(チームレポート)、ハイパフォーマー分析(卓越モデル)などのさまざまな分析ができます。

一般的な適性検査に比べて、48個もの指標(認識スタイル)があるため、複雑で分かり難いと思ってしまう反面、それだけ現実をより的確に反映することができるとも言えます。また、単に個人の特徴が分かるだけでなく、その活用範囲は広く、目的によって具体的な施策へと反映しやすいのも特徴といえます。

次回からは、具体的な活用方法を紹介していきます。

□iWAM無料診断はこちらから

https://skg-od.jp/lp/iwam/

□法人向けiWAMプログラムはこちらから

https://skg-od.jp/service/program_survey_02/

□iWAM関連書籍はこちらから

https://www.skg.co.jp/books/870/

『「職場のやっかいな人間関係」に負けない法:「あの人」の言葉のクセに解決の糸口がある』(三笠書房。株式会社新経営サービス 飯塚健二著)

バックナンバー

※コラムは執筆者の個人的見解であり、人事戦略研究所の公式見解を示すものではありません。

メニュー