ホーム > ブログ > 人事ブログ > なぜ評価者研修が必要なのか

関連ブログ
新着記事
カテゴリ
月別アーカイブ

なぜ評価者研修が必要なのか

2016年10月28日 カテゴリ:評価者研修

執筆者:清水 政美

大学卒業後、人事コンサルティング会社にて主に人材開発、能力開発の分野の知見を深める。特にマネジメント分野について特化した様々な研修コンテンツを開発。その後、経営コンサルティング会社にて経営全般の支援に従事する。具体的には、中期経営計画策定構築から計画達成支援等。その中で「企業はヒトなり」を身を以て経験し現職へ。経営と連動した戦略的人事制度の構築を得意としている。 DiSC認定トレーナー

評価者研修(考課者研修)で問い合わせをいただいた企業に話をうかがうと、人事評価制度における問題として以下が挙がります。

 ・評価者によるバラつきが大きい
 ・初めから結果ありきで、点数を調整している
 ・人事評価をしても、それをフィードバックできていない
 ・人事評価制度そのものが形骸化している(重要な取り組みである認識がない)

それらの原因は、大きく以下の3つであると考えられます。

 1.そもそも人事評価シートが適切ではない
 2.評価者研修を実施していない、もしくは研修内容が自社に合っていない
 3.人事部が評価について詳しくない

1、3については別の機会で触れるとして、今回は2の評価者研修の内容についてお話しします。

上記の問題(評価者によるバラつき、結果ありきの点数調整 等)が起こる原因は、評価者が自分独自の基準で評価をしているためです。よって評価者研修では、会社が求める基準を理解・浸透させるための演習に重点を置きます。
弊社の評価者研修プログラムでは、人事評価の重要性を理解したうえで、目標設定スキル・評価スキル・フィードバック面談スキルの強化を図りますが、そのすべてのスキルの前提となるのが、会社が求める評価基準の浸透です。(具体的な進め方は、第3回でご紹介します)

人事評価が機能しなければ、「適正配置ができない」「適正な人件費管理ができない」「従業員個々の能力を把握することができない」「評価への不満が募り、最悪の場合離職に至ってしまう」といったことが起こります。
評価者研修を重ねることで改善している企業も多くあります。自社の人事評価についてお困りのことがありましたら、外部機関に相談することも非常に有効な手段です。

費用面で問題がある場合は、初めは外部講師を立てて実施し、それ以降は研修を内製化することをお勧めします。研修を継続させていくことで、人事担当者の力量をアップさせるという副次的効果もあります。
次回から評価者研修の中身について触れていきます。
第2回目のテーマは、「評価者の心構え」です。

バックナンバー

※コラムは執筆者の個人的見解であり、人事戦略研究所の公式見解を示すものではありません。