ホーム > 人事セミナー > 過去の人事セミナー > 2021年の人事セミナー(終了分) > ジョブ型人事制度の導入に向けた「職務分析と職務評価」の実施方法

WEBセミナー

ジョブ型人事制度の導入に向けた「職務分析と職務評価」の実施方法~注目のジョブ型人事の導入に向けて、まずは仕事の「中身」と「レベル・価値」を明らかにすることが必要です~

終了しました。

近年、人事分野で最も大きな関心を集めている「ジョブ型人事」。
このジョブ型人事とは、端的に言えば、社員が担っている仕事(職務)のレベル・価値に基づいて、各社員の処遇(等級ランク、給与など)を決定する仕組みです。
このジョブ型人事を導入するにあたっては、社員一人一人の「仕事の中身」と「仕事のレベル・価値」を明らかにする必要があります。
前者の作業を「職務分析」、後者の作業を「職務評価」と呼びます。

本セミナーでは、ジョブ型人事の導入を検討される企業様向けに、そのファーストステップとして必要となる「職務分析と職務評価」について、実施方法やそのポイントを分かりやすく解説いたします。

内容 【はじめに】
 ■ ”ジョブ型”の人事制度とは?
 ■ “ジョブ型”と“能力主義”の違い

【ステップ①:職務分析】
 ■職務とは何か?
 ■職務分析の実施方法・実施ステップ
 ■職務記述書の作成方法(職務記述書の構成・イメージ)

【ステップ②:職務評価】
 ■職務評価の種類と特徴 ~全体像~
 ■職務評価の種類と特徴 ~代表的な4つの手法~
 ■中堅・中小企業における職務評価のあり方

【職務分析・職務評価の実施ポイントと留意点】

配信期間 2021年04月01日(木) ~ 2021年04月30日(金)
視聴時間 約60分
参加費用 無料
講師
岩下 広文(弊社 人事戦略研究所 上席コンサルタント)

大学卒業後、国内事業会社において人事・総務等の実務に従事。その後、人事アウトソーシング会社、及び外資系大手コンサルティングファーム(※監査法人系)にて人事コンサルティング業務に従事した後、現職。
人事コンサルティング歴は16年以上にわたっており、人事評価・賃金制度構築や退職金制度設計だけでなく、組織・人事面における幅広いテーマでのコンサルティング経験を有する。また、過去に担当したクライアントの規模も、中堅・中小企業から数千名の大手上場企業までと、非常に多岐にわたっている。
実務経験を活かした、きめ細やかな制度設計に定評がある。

※アクセスが集中すると表示が遅くなる場合がございます。表示が遅い場合は時間をおいてからお試しください。

メニュー