ホーム > 人事セミナー > シニア社員の活躍を促進する!65歳定年時代の再雇用制度・定年延長制度の作り方

シニア社員の活躍を促進する!65歳定年時代の再雇用制度・定年延長制度の作り方

改正高年齢者雇用安定法の施行から6年が経過し、自社の人事制度、中でも60歳定年後に再雇用されたシニア社員を対象とした評価・賃金制度を本格的に見直す企業が増えています。
定年後人事制度の難しさは、シニア社員を取り巻く環境変化に対して「いつまでに」「どこまで」「どうやって」制度改定を行うのがベストなのか、方針が立てにくいということにあります。例えば「再雇用制度」の見直しに止めるのか、あるいは中長期を見越して「定年延長」まで踏み込むのか、この二つを考えるだけでも制度改定の方向性に広がりがあり、「様子見」姿勢の企業が増える要因となっています。加えて先般の最高裁判決(長澤運輸事件)を受けて「同一労働同一賃金」についても対応が必要な状態になっています。
そこで本セミナーでは、各社が最適な人事制度改定プランを検討できるよう、「再雇用制度」「定年延長制度」の二つの枠組みを中心テーマとして、法対応の観点を含め、先進企業の事例を紹介しながら解説を行います。

■定員 愛知会場:30名 東京・大阪会場:各60名  ご参加は1社2名様まで

内容
1 自社に合った再雇用制度・定年延長制度を構築するために
 ①シニア社員雇用の実態を知る(外部環境)
 ②制度だけでなく「シニア社員活用」の観点で幅広く組織課題を抽出する(内部環境)

2 法対応の観点で押さえておくべき内容
 ①同一労働同一賃金ガイドラインのポイント
 ②定年退職後再雇用の待遇差をめぐる最高裁判決

3 再雇用制度・定年延長制度設計(評価・賃金制度)の基本
 ①再雇用制度
 ②定年延長制度

4 企業事例の紹介
 ①再雇用制度事例(大手企業、中小企業)
 ②61歳~64歳までの段階的定年延長制度事例(大手企業、中小企業)
 ③65歳定年制度事例(大手企業、中小企業)

5 更なる「シニア社員活用」に向けた組織開発の方向性
 ①シニア層のキャリア開発支援
 ②シニア層の職域・職務開発~新事業の展開、あるいは副業・兼業の推進~

開催概要
«対象»
 経営者、経営幹部、人事部門責任者

«日程»
 [愛知会場]2019年 7月23日(火) 13:30~16:30(受付開始 13:00)
 [東京会場]2019年 8月 7日(水) 13:30~16:30(受付開始 13:00)
 [大阪会場]2019年 8月 8日(木) 13:30~16:30(受付開始 13:00)

«会場»
[愛知会場]
 名古屋ダイヤビルディング (JR「名古屋駅」桜通り口徒歩3分 、地図
 愛知県名古屋市中村区名駅三丁目16番22号
 TEL:052-565-5158

[東京会場]
 フクラシア東京ステーション (JR「東京」駅日本橋口から徒歩1分、地図
 東京都千代田区大手町2-6-1 朝日生命大手町ビル5F,6F
 TEL:050-5265-4805

[大阪会場]
 梅田スカイビル (JR「大阪」駅・阪急「梅田」駅から徒歩9分、 地図
 大阪市北区大淀中1-1
 TEL:06-6440-3901

«参加費用»
 お一人様 3,000円(税込)
講師
森中 謙介 (弊社 人事戦略研究所 シニアコンサルタント)

人事制度構築・改善を中心にコンサルティングを行う。業種・業態ごとの実態に沿った制度設計はもちろんのこと、教育制度との効果的な連動、組織の高齢化への対応など、経営課題のトレンドに沿った最適な人事制度を日々提案し、実績を重ねている。外部講演・執筆の実績も豊富である。著書に、
『社員300名までの人事評価・賃金制度の作り方(中央経済社)』
『社内評価の強化書(三笠書房)』がある。
セミナー申し込み:人事セミナー

申込内容必須

例)123-4567[※ハイフン必須]

個人情報保護方針必須

これはA-Form評価版です

※お客様の個人情報は、当社「個人情報保護方針」にもとづき、適切に管理します。

※本フォームでご入力いただいた情報は、当社の提供するサービス・セミナーなどをご案内する目的にのみ利用させていただいております(メールマガジンなど)。

※情報セキュリティ強化の関係上、フリーメールアドレスのご入力はなるべくご遠慮くださいますようお願いいたします。場合により、控えメールが到着しない可能性がございます。

メニュー