ホーム > 人事セミナー > 危機の時代、いま求められる『逆境に強い組織』とは? アフターコロナ、早期の「業績回復体制」のつくり方!

危機の時代、いま求められる『逆境に強い組織』とは? アフターコロナ、早期の「業績回復体制」のつくり方!

コロナ禍がもたらす経済危機、いまこそ各企業の「組織の底力」が問われています。
企業の盛衰が顕著に現れるこれからの時代、大切な組織キーワードは、いかなる時にも組織力・社員力が最大限発揮される「逆境に強い組織」。
本セミナーでは、あさ出版より発売されました書籍『「社員が主役」の会社はなぜ逆境に強いのか』(志水克行著)を通じ語り尽くせなかった企業改革の生々しい実像やその背景、社員が主体となってつかみ取った経営成果等をダイジェストでお伝えします。
「この事態にリーダーがどのように組織改革に取り組むのか?社員のやる気と主体性を発揮し獲得する経営成果をいかに高めるか?早期業績回復への糸口は?」そのヒントをお持ち帰りいただきます。事前に本書をお読みいただけたら、より効果的です。

■定員 20名 ご参加は1社2名様まで

内容
Ⅰ.「社員が主役」の改革、どうやって社員が会社を変えたのか?(改革実例の数々)
  ■大幅な赤字、企業買収を越え、売上倍増・最高益への再生の道のり
  ■離職率50%から25%へ!企業文化の大革命、等

Ⅱ.コロナ禍の経営環境下、社員が会社を再起させるきっかけづくりとは?
  ■人や組織を正しく動かす2つの方法
    ルールと徹底した管理、善性を伸ばす、それぞれのポイント
  ■会社が組織改革を求めているときの初期症状と対策
    ・トップのリーダーシップに問題のあるケース
    ・組織の風土や文化に問題があるケース
    ・組織の機能に問題があるケース

Ⅲ.社員や組織の主体性や潜在力を徹底的に引き出す方法とは?
  ■幹部や社員の個性を最大限引き出すエゴグラム
  ■リーダーシップやモチベーションポイントを見抜く
  ■社員のタイプ別の最適な対応方法をマスターする
  (古参社員、いまどき社員、など)

Ⅳ.本格的に会社改革に乗り出す「変革プロセス」
  ■360°評価、グループカウンセリングによる「気づき」
  ■本質まで掘り下げたビジョンの持ち方[始動]
  ■自己開示と社員間の強い信頼関係づくりのポイント[共感]
  ■個々のスキル、ナレッジの有機的連携方法 [引き出し]
  ■社員主体の改革ロードマップの展開 [行動変化]
  ■新しい企業文化創造 [創発化]

Ⅴ.生まれ変わった組織を未来に展開する「組織設計」
  ■「社員が主役」の組織設計
  ■1年~2年間の組織変革の展開方法

開催概要
«対象»
 経営者、後継経営者、人事部門責任者

«日程»
 [愛知会場]2020年11月19日(水) 13:30~16:30(受付開始 13:00)

«会場»
[愛知会場]
 イオンコンパス名古屋駅前・桜通口会議室 (JR「名古屋駅」桜通口から徒歩4分 、地図
 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目25−3 大橋ビルディング4階
 TEL:052-526-9515

«参加費用»
 お一人様 3,000円(税込)
講師
志水 克行(弊社 人材開発部 マネージャー)

ベンチャー企業の立ち上げを経て新経営サービスに入社。会社改革の支援企業約400社、5,000名を超える経営者・管理者の「リーダーシップ革新」や「自己革新」を実現。特に、モチベーションや潜在能力を徹底的に引き出し、社員が主体となって経営改革に取り組んでいく組織変革手法は他の追随を許さない。セミナーや研修のリピート率は90%を超える。
セミナー申し込み:人事セミナー

申込内容必須

例)123-4567[※ハイフン必須]

個人情報保護方針新しいウィンドウが開きます必須

これはA-Form評価版です

※お客様の個人情報は、当社「個人情報保護方針」にもとづき、適切に管理します。

※本フォームでご入力いただいた情報は、当社の提供するサービス・セミナーなどをご案内する目的にのみ利用させていただいております(メールマガジンなど)。

※情報セキュリティ強化の関係上、フリーメールアドレスのご入力はなるべくご遠慮くださいますようお願いいたします。場合により、控えメールが到着しない可能性がございます。

メニュー