ホーム > 人事セミナー > 中小企業のための人事評価制度のいろは

WEBセミナー

中小企業のための人事評価制度のいろは~働き方は変わっても、人事評価の基本は変わらない~

本セミナーは、以下のような中小企業向けに企画しました。

◇評価制度の「基本」について理解しておきたい
◇教科書的でなく、中小企業で使えるノウハウを知りたい
◇制度運用のポイントを聞いておきたい
◇自社にマッチした人事評価表を作りたい
◇これから制度改定を進める上での留意点を知りたい

という方は、ぜひご参加下さい。

内容 1.「主観」での評価はだいたい正しい
▽なぜ、人事評価結果がしっくりこないのか?
▽人事評価表のつくり方は間違っていないか?
▽どうやって評価するかの前に、何を評価するかを考える

2.「評価者=プレイングマネージャー」という認識をもっておく
▽なぜ、人事評価はばらつくのか?
・評価者の問題に責任転嫁していないか?

▽評価者が評価しづらい3つの失敗ケースとその対策
 ①評価項目が多すぎる
 ②評価基準が曖昧過ぎる
 ③評価項目・基準がそもそも不公平

▽業績・成果評価のつくり方
 ・業績・成果評価項目の例
 ・評価項目を設定する際の2つの留意点
 ・絶対値/前年伸び率/目標達成度、どの基準で評価するか?
 ・定量的に評価しづらいケースの対応策

▽職務プロセス評価のつくり方
 ・職務プロセス評価項目の例
 ・「保有」ではなく、「発揮(行動・役割責任)」ベースで評価を行う
 ・評価基準を作る際のコツ

3.とりあえずライトにはじめ、徐々に進化させる
・最も大事なことは、人事制度を運用すること
・運用ルールのつくり方、考え方
 ①評価スケジュール
 ②評価者・評価フロー
 ③評価結果の処遇反映
・本人評価は本当に必要か?
・評価者の評価スキルに不安があるがどうすればよいか?
配信期間 2020年08月17日(月) ~ 2020年08月31日(月)
視聴時間 約90分
参加費用 無料
講師 岸本 耕平 (弊社 人事戦略研究所 シニアコンサルタント)

30社以上の人事評価・賃金制度構築を経験。経験の中で培った教科書にはない独自のノウハウを多数保有。
基本を押さえつつ、各社の事情に合った仕組みづくりを行うスタンスに定評がある。

※アクセスが集中すると表示が遅くなる場合がございます。表示が遅い場合は時間をおいてからお試しください。

メニュー