ホーム> 人事制度Q&A> 評価者の評価結果のバラツキが大きく困っています。評価者間の甘・辛を是正する方法はあるでしょうか?

人事制度Q&A

質問

評価者の評価結果のバラツキが大きく困っています。評価者間の甘・辛を是正する方法はあるでしょうか?

回答

まず、評価表の中身(内容・表現など)をある程度ばらつきが出にくいものにしておく必要があります。当サイト内の「人事の書式・シート」で職種別の人事評価表サンプルを公開していますので、そちらも参考にしてください。

その上で、評価表の中身だけでばらつきを抑えるには限界がある(定性的要素を入れる以上は、"誰が評価しても絶対に同じ評価になる評価表"というものはつくれない)ため、運用面での対策も必要となります。方法としては、
 ①評価者訓練・評価者研修を定期的に実施する。
 ②評価調整方法を工夫する。
といったことが考えられます。

評価者訓練については、実在する特定社員の評価を複数の評価者で行ない、食い違う部分をディスカッションしていくスタイルが効果的です。他の人と評価目線を合わせることができます。なお、研修の場だけでなく、実際の評価調整の場においても、ディスカッションを行うことで評価者のスキル向上につながります。可能な範囲で是非実施してください。

評価調整については、例えば部門ごとに「持ち点」を設定しておき、その部門の評価合計が「持ち点」を超えないようなルールにしておけば、部門間の評価結果を一定範囲内に収めることができます。

一覧に戻る

メニュー