ホーム> 人事制度Q&A> 職能給など、オーソドックスな基本給を設計する際の留意点を教えてください。

人事制度Q&A

質問

職能給など、オーソドックスな基本給を設計する際の留意点を教えてください。

回答

オーソドックスな基本給テーブルの設計にあたっては、大きく分けると「等級ごとの上限・下限の金額」と「等級・評価ごとの給与改定ルール(昇給額)」を検討することになります。

検討にあたっては、「その等級(≒仕事レベル)に最低いくら払うべきか・いくらまでなら払ってよいか」「同一等級に滞留した場合、何年間程度の昇給余地をもたせるか」「昇格時の昇給額は十分に確保できているか」「同業他社の水準と比較してどうか」「毎年の昇給額は現状と比べてどの程度となるか」「各モデル(優秀者、標準者など)の賃金カーブはどのようになるか」などの観点を複合的に見ながら検討します。

賃金制度は頻繁に変えられるものではありません。設計にあたっては弊社などの外部専門機関活用の検討も含めて、慎重に進めてください。

なお、当サイト内の「人事の書式・シート」で賃金表サンプルを公開していますので、参考にしてください。

一覧に戻る

メニュー