ホーム> 人事制度Q&A> 目標管理(MBO)による評価を導入しています。個人目標が会社目標とあまり連動しておらず、設定目標の水準も個人差が大きく困っています。

株式会社新経営サービス
人事戦略研究所

〒600-8102 京都市下京区河原町五条西入本覚寺前町830 京都EHビル6階

TEL:075-343-0770
FAX:075-343-4714
E-mail:

「業種別人事制度」シリーズ

人事制度Q&A

目標管理(MBO)による評価を導入しています。個人目標が会社目標とあまり連動しておらず、設定目標の水準も個人差が大きく困っています。

個人目標にバラツキが多い会社の特徴として、目標設定の考え方や手順が不明確なことが挙げられます。逆に、目標管理(評価)が上手く機能している会社の特徴は、以下のようになります。

(1)会社の経営計画、部門計画が明確になっている。
(2)部門目標から個人目標設定に至る手順を定め、社員に浸透させている。
(3)管理者が目標管理の必要性や考え方を十分に理解し、部下への指導力がある。

経営計画、部門計画がないのに、個人の目標管理だけを機能させることは不可能です。また、目標管理は管理職のレベルが如実に表れる制度ですので、管理職に対する徹底した教育や意識づけがカギを握るのです。

あと、目標管理制度導入の初期段階としては、部署別・階層別の目標設定事例集などを作成・配布し、適切な目標とはどのようなものかを社員にイメージさせることも有効でしょう。

これは過去に設定された個人目標の中から、適切と思われる目標を抽出し、職種や等級ごとに整理することで作成できます。

一覧に戻る