ホーム > 人事セミナー > 過去の人事セミナー > 2019年の人事セミナー(終了分) > 中堅・中小企業が「職務給」や「役割給」の人事制度を導入する方法

中堅・中小企業が「職務給」や「役割給」の人事制度を導入する方法

終了しました。

~能力給を軸とした年功型人事制度からの脱却に向けて~

~「人件費コントロール」や「若手人材の採用・定着化」にも効果を発揮~

●参加者には、講師執筆の書籍【人事コンサルタントが教える 生産性アップにつながる「50」の具体策】を進呈いたします

「職務給」や「役割給」の人事制度とは、社員が実際に担っている職務や役割(=仕事)によって賃金や等級などを決定する仕組みです。欧米では当たり前のように導入されている考え方・仕組みですが、日本ではこれまでの所、一部の大手企業や先進性を求める中堅・中小企業の導入に留まっているというのが現状です。
しかしながら、"実際に担当している仕事レベル"と"会社が支払う賃金水準"のバランスを図る上では、職務給や役割給を軸にした人事制度は非常に効果的です。また、「同一労働同一賃金」や「労働生産性向上」、「若手人材の採用・定着化」、「高齢者活用」など昨今の人事課題に対しても、相性が良い仕組みであると言えます。
そこで本セミナーでは、今後の日本企業でもトレンドになるであろう「職務給」・「役割給」を軸にした人事制度、すなわち「職務・役割主義」の人事制度について、具体的な設計方法や制度イメージをご紹介します。一般的に設計・導入が難しいと言われている中堅・中小企業でのポイントも解説いたしますので、業種や規模を問わず、少しでもご関心のある企業様はぜひご参加ください。

■東京会場:定員36名 大阪会場:定員42名  ご参加は1社2名様まで

内容
【第1章】”職務・役割主義”の人事制度とは?
 ●”職務・役割主義”の人事制度の定義と特徴
 ●”職務主義”と”役割主義”の違い
 ●職務・役割主義の人事制度が求められる背景 ・・・など

【第2章】”職務・役割主義”人事制度の現況
 ●”職務・役割主義”人事制度の導入状況
 ●”職務・役割主義”の人事制度が浸透しづらい理由
 ●中堅・中小企業における”職務・役割主義”人事制度の可能性 ・・・など

【第3章】職務や役割を明確にする ~職務分析と職務評価~
 ●職務分析の実施方法&職務記述書の作成方法
 ●職務評価の種類と特徴
 ●中堅・中小企業における職務評価のあり方 ・・・など

【第4章】”職務・役割主義”人事制度の構築方法
 ●人事制度における”職務・役割主義”と”能力主義”の比較
 ●職務等級制度や役割等級制度の設計ポイント
 ●職務給や役割給の設計ポイント ・・・など

【第5章】”職務・役割主義”人事制度の具体例
 ●”職務主義”人事制度の具体例①(等級・賃金・評価制度)
                 具体例②(等級・賃金制度)
 ●”役割主義”人事制度の具体例①(等級・賃金・評価制度)
                 具体例②(等級・賃金制度)

【第6章】”職務・役割主義”人事制度に関するその他の検討事項
 ●”職務・役割主義”人事制度を導入・運用する際の留意点
 ●”職務・役割主義”人事制度の下での採用・配置・教育 ・・・など

開催概要
«対象»
経営者、経営幹部、人事部門責任者

«日程»
[東京会場]2019年 4月12日(金) 13:30~16:30(受付開始 13:00)
[大阪会場]2019年 4月16日(火) 13:30~16:30(受付開始 13:00)

«会場»
[東京会場]
フクラシア東京ステーション (JR「東京」駅日本橋口から徒歩1分、地図
東京都千代田区大手町2-6-1 朝日生命大手町ビル5F,6F
TEL:050-5265-4805

[大阪会場]
梅田スカイビル (JR「大阪」駅・阪急「梅田」駅から徒歩9分、 地図
大阪市北区大淀中1-1
TEL:06-6440-3901

«参加費用»
お一人様 3,000円(税込)
講師
岩下 広文(弊社 人事戦略研究所 上席コンサルタント)

大阪市立大学を卒業後、国内事業会社において人事・総務等の実務に従事。その後、人事アウトソーシング会社、及び、外資系大手コンサルティングファーム(※監査法人系)にて人事コンサルティング業務に従事した後、現職。
人事コンサルティング歴は15年以上にわたっており、人事評価・賃金制度構築や退職金制度設計だけでなく、組織・人事面における幅広いテーマでのコンサルティング経験を有する。また、過去に担当したクライアントの規模も、中堅・中小企業から数千名の大手上場企業までと、非常に多岐にわたっている。
実務経験を活かした、きめ細やかな制度設計に定評がある。
メニュー