ホーム > 人事制度ノウハウ> 人事考課(人事評価)制度改革7つのポイント> 職種別に人事評価基準をつくる

業種別人事制度ノウハウ集

人事テーマ別ノウハウ集

 

人事制度・賃金制度

 
 

人事関連テーマ

 
 

レポート集

 

職種別に人事評価基準をつくる

社員の成果や行動・姿勢を公平に判断し、それを処遇に反映させ、今後の社員の成長に活用するためには、納得性と公平性のある評価基準が必要です。人事評価基準を設定するにあたっては、職種・役職別に設定することが望ましいといえます。

会社には、通常さまざまな職種があります。製造業であれば、製造、技術、製品開発、営業、事務スタッフ。小売業であれば、販売、仕入れ、販促企画、総務・経理といった具合です。

製造職であれば、生産性や品質向上、不良率の低減や改善活動を期待するでしょう。経理職であれば、会計を迅速に処理できるか、電話応対やコスト削減が求められるかもしれません。またそれぞれの職種において、管理職、監督職、一般職といった階層があり、それぞれ求められる役割が違います。

職種別に人事評価基準をつくるとは、社内の役割に応じた評価のモノサシをつくるということです。自分たちの部門や職種は、どのような成果や行動が求められ、評価されるのか。このことが理解浸透できている組織と不明確な組織では、どちらが成果を上げやすいかは言うまでもありません。

人事考課(人事評価)制度の見直しに関するお問い合わせ

人事戦略研究所では、上場企業から中小企業まで300社を超える企業の人事制度改革を支援してきました。人事評価制度の見直しについて、ご相談などお気軽にお寄せください。後日、担当者よりご連絡差し上げます。

人事考課(人事評価)制度の見直しに関するお問い合わせ

個人情報保護方針新しいウィンドウが開きます必須

これはA-Form評価版です

メニュー