ホーム > 人事の統計資料 > 賞与 > 個人別の賞与算定用評価基準

個人別の賞与算定用評価基準

概要

個人別の賞与算定用評価基準を持つ企業のうち、約半数が成果(目標)達成度を使用している。成果(目標)達成度は、企業規模が大きくなるとより重視される傾向がある。逆に、勤務態度、勤務実績、職務遂行能力は企業規模が小さくなるとより重視される傾向がある。また、役割でみると、管理職の方が成果(目標)達成度を重視される傾向があり、管理職以外と8.5ポイントの差がある。

出典:厚生労働省(2017)就労条件総合調査結果

(管理職)賞与の算定方法のうち個人別業績の主たる評価基準別企業割合

※画像をクリックすると拡大します

(管理職以外)賞与の算定方法のうち個人別業績の主たる評価基準別企業割合

※画像をクリックすると拡大します

賞与の算定方法のうち個人別業績の主たる評価基準別企業割合

※画像をクリックすると拡大します

メニュー