ホーム > 人事の統計資料 > > 企業規模別の住宅手当支給額および支給割合の推移

企業規模別の住宅手当支給額および支給割合の推移

概要

住宅手当の支給額は、企業規模が大きいほど高くなる傾向があり、2015年においては、従業員1,000人以上の企業と99人以下の企業との間で月5,000円程度の差がある。経年ではほぼ横ばいで推移している。
住宅手当の支給割合は、2010年からの5年間では上昇傾向にある。従業員300人以上の企業と99人以下の企業との間では支給割合は約20ポイント差がある。

出典:厚生労働省(2014)就労条件総合調査

※画像をクリックすると拡大します

※画像をクリックすると拡大します

メニュー