ホーム > 人事の統計資料 > > 企業規模別の家族手当支給額および支給割合の推移

企業規模別の家族手当支給額および支給割合の推移

概要

家族手当の支給額は、企業規模が大きいほど高くなる傾向がある。経年では、ほぼ横ばいで推移しているものの、1,000人以上の大企業では2010~2015年の間で約8%の減少が見られる。
家族手当の支給割合は、経年では2010年まで減少傾向であったが、その後5年間はほぼ横ばいで推移している。従業員100人以上の企業では77.0%が支給している一方で、99人以下の企業の支給割合は64.1%にとどまっている。

出典:厚生労働省(2014)就労条件総合調査

※画像をクリックすると拡大します

※画像をクリックすると拡大します

メニュー