ホーム > 人事セミナー > 「無期転換」「同一賃金」「65歳義務化」に対応する! 有期社員の確保・定着を促進する人事制度のつくり方

「無期転換」「同一賃金」「65歳義務化」に対応する! 有期社員の確保・定着を促進する人事制度のつくり方

激変の労働市場の荒波を、人事制度という『船』で乗り越える。貴社の『船』はこの荒波に耐えられますか?
来年4月からいよいよ本格的な適用となる「無期転換」をはじめ、「同一労働同一賃金」「65歳までの継続雇用義務化」等、昨今の労働市場のトレンドを踏まえて如何に自社の人事制度を時流に適応させていくかについてお伝え致します。また、アルバイトやパート社員等も確保が困難な世の中において、魅力的な人事制度を構築することは社員を辞めさせない、あるいは求人への応募意欲を喚起するために重要です。そのための方法についても、実例を交えながらお伝え致します。

■定員32名 ご参加は1社2名様まで

内容 1.無期転換に関して押さえておくべき前提
 ・雇用形態別の実態と傾向
 ・「無期雇用化」の誤解と対応ポイント

2.無期転換に備えた各社の対応は5つの選択肢
 ・対応の方向性は、「雇止め」「無期化①②」「正社員化①②」
 ・どの方向性を考えている会社が多いか?

3.同一労働同一賃金への対応方針を固める
 ・労働法改正や政府の労働政策
 ・「同一賃金」にするか、「同一ではない労働」にするか

4.65歳義務化時代に適した再雇用制度のポイント
 ・高齢者雇用は、「守り」から「攻め」の時代へ
 ・人材に応じた柔軟性のある定年再雇用制度

5.いわゆる「正規社員」と有期社員、それぞれの人事制度の考え方
 ・人事制度(等級・評価・処遇)の目的がズレていませんか?
  人事制度の本当の目的とは

6.自社の現状の把握その仕事、本当に正社員でないとダメですか?
 ・自社の人員構成とその課題を洗い出そう。

7.等級制度構築のポイント
 ・有期社員の定着と成長を促す等級制度
 ・「同一賃金」の考え方に則った等級制度作り

8.評価制度構築のポイント
 ・有期社員用の評価表に求められる3つのポイント
 ・こうすればいいのか!サンプルに見る、有期社員用の評価表

9.給与(時給)制度構築のポイント
 ・やる気を刺激する、評価連動型時給の具体例
 ・「再雇用」社員の給与制度

10.その他
 ・まだまだある!やる気を引き出す施策
対象 経営者、経営幹部、人事部門責任者
日程 2017年6月19日(月) 13:30~17:00 (受付開始 13:00)
会場 [岡山会場]
TKP岡山会議室 (JR岡山駅東口徒歩7分、地図
岡山県岡山市北区磨屋町1-6 岡山磨屋町ビル2F
TEL:06-4400-5253
参加費用 お一人様 3,000円(税込)
講師 山本 崚平 (弊社 人材開発部 コンサルタント)

大学在学中は、教育大にてOJTやOffJTについて学び、理論と実践の融合を目指し、新経営サービスに入社。現在は中堅・中小企業を対象とし、経営理念の達成と業績向上に向けた教育研修や人事制度策定を実施中。

南野 真彦 (弊社 人材開発部 コンサルタント)

大学卒業後、リクルートグループにて、クライアントの採用支援に従事。その後、人事コンサルティング会社にて、人材採用や人材育成の支援を行う。新経営サービス入社後は、評価・賃金制度の改革をはじめ、理念の浸透や組織風土改革など、組織・人材開発をテーマとしたコンサルティングを実施中。現場社員の改革意欲を高めながら人事制度を構築する手法には定評がある。

セミナー申し込み:人事セミナー

セミナー名 [必須]
開催日時 [必須]
申込内容 [必須]
セミナーを知ったきっかけ [必須]
貴社名 [必須]
部署名
役職名
お名前 [必須]
郵便番号 [必須]
都道府県 [必須]
市区町村・番地 [必須]
ビル名等
電話番号 [必須]
FAX番号
メールアドレス [必須]
備考欄
個人情報保護方針 [必須]

※お客様の個人情報は、当社「個人情報保護方針」にもとづき、適切に管理します。

※本フォームでご入力いただいた情報は、当社の提供するサービス・セミナーなどをご案内する目的にのみ利用させていただいております(メールマガジンなど)。

※情報セキュリティ強化の関係上、フリーメールアドレスのご入力はなるべくご遠慮くださいますようお願いいたします。場合により、控えメールが到着しない可能性がございます。