ホーム > 人事制度ノウハウ> 賃金制度改革7つのポイント> 賃金制度・賞与制度の移行シミュレーションを入念に行う

業種別人事制度ノウハウ集
労働法実務入門シリーズ
人事テーマ別ノウハウ集
 

人事評価・賃金制度

 
 

退職金・再雇用(雇用延長)制度

 
 

その他人事テーマ

 
人事制度ノウハウ レポート集

賃金制度・賞与制度の移行シミュレーションを入念に行う

基本給や手当、賞与制度が固まっても、すぐに導入はできません。自社の実態に合っているかどうかを検証しなければならないからです。検証の手段は主に2つ、①モデル給与の設定と②移行シミュレーションがあります。

(1) モデル給与の設定
モデル給与は、新卒で入社した社員が、順調に昇格、昇給していった場合の想定給与額のことです。等級や役職を駆け上がる想定スピード=モデル年数をもとに、給与、賞与、年収がどのように推移するかを一覧表にします。役職や年齢ごとの賃金水準が適切かどうかを確認します。

(2) 移行シミュレーションの実施
移行シミュレーションは、既存社員を新制度に当てはめる作業です。まず、各社員の等級を仮設定し、現行給与と新給与の比較を行ないます。賃金総額および個別賃金の増減について、予定していた範囲内に納まっているか、また意図した結果になっているかを見ます。

モデル給与と移行シミュレーションを繰り返しながら、基本給表、手当額を調整します。骨の折れる作業ですが、ここで手を抜くと、導入後に不都合が生じます。

賃金制度に、どこの企業にも当てはまる正解はありません。自社の方針や実状に沿った賃金制度を構築することが肝要です。

賃金制度の見直しに関するお問い合わせ

人事戦略研究所では、上場企業から中小企業まで300社を超える企業の人事制度改革を支援してきました。賃金制度の見直しについて、ご相談などお気軽にお寄せください。後日、担当者よりご連絡差し上げます。

賃金制度の見直しに関するお問い合わせ

テーマ [必須]
貴社名 [必須]
部署名
役職名
お名前 [必須]
電話番号 [必須]
メールアドレス [必須]
お問い合わせ内容 [必須]
個人情報保護方針 [必須]