ホーム > 人事制度ノウハウ> 「職種別賃金」講座> 部門別賞与事例

業種別人事制度ノウハウ集
労働法実務入門シリーズ
人事テーマ別ノウハウ集
 

人事評価・賃金制度

 
 

退職金・再雇用(雇用延長)制度

 
 

その他人事テーマ

 
人事制度ノウハウ レポート集

部門別賞与事例

下図は、専門商社で営業所ごとの業績を反映した賞与制度例です。

賞与=基本給×平均支給月数(全社+営業所)×評価係数

全社売上高対
経常利益比率
半期賞与支給月数 営業所売上高対
経常利益率
半期賞与支給月数
11.0%以上 平均 2.0ヶ月 11.0%以上 平均 2.0ヶ月
10.0%以上 平均1.75ヶ月 10.0%以上 平均1.75ヶ月
 9.0%以上 平均 1.5ヶ月  9.0%以上 平均 1.5ヶ月
 8.0%以上 平均1.25ヶ月  8.0%以上 平均1.25ヶ月
 7.0%以上 平均 1.0ヶ月  7.0%以上 平均 1.0ヶ月
 6.0%以上 平均 0.9ヶ月  6.0%以上 平均 0.9ヶ月
 5.0%以上 平均 0.8ヶ月  5.0%以上 平均 0.8ヶ月
 4.0%以上 平均 0.7ヶ月  4.0%以上 平均 0.7ヶ月
 3.0%以上 平均 0.6ヶ月  3.0%以上 平均 0.6ヶ月
 3.0%未満 平均 0.5ヶ月  3.0%未満 平均 0.5ヶ月
評価点 評価係数
80点以上 1.3
70点以上 80点未満 1.2
60点以上 70点未満 1.1
50点以上 60点未満 1.0
35点以上 50点未満 0.9
20点以上 35点未満 0.8
20点未満 0.7

全社と営業所の収益性によって、平均賞与水準が決まり、個人評価によって営業所内の格差がつきます。この会社では、業績貢献の高い営業所や個人に対しては、十分に報いることを人事方針としているのです。