ホーム > 人事制度ノウハウ> 退職金の問題と改革(Q&A)> 積立不足が発生すると・・・?

業種別人事制度ノウハウ集
労働法実務入門シリーズ
人事テーマ別ノウハウ集
 

人事評価・賃金制度

 
 

退職金・再雇用(雇用延長)制度

 
 

その他人事テーマ

 
人事制度ノウハウ レポート集

積立不足が発生すると・・・?

積立不足が発生すると・・・?
先生のおっしゃる適格年金決算書の見方に沿って私も計算してみましたが、やはり積立不足34%になっていました。積立不足が発生すれば、どこかで穴埋めしなければならないということでしょうか。そうすると掛金がアップしますね。

はい、まさしくそのとおりです。初めて算出されたと思いますが、よくできましたね。既に理解済みのようですが、適格年金の必要積立額を満たすためには、運用による利息収益を確保するか、掛金を上げて元本を積み増すかしかありません。それには、予定利率を引き下げる、過去勤務債務の償却率を上げるなどの方法がとられます。

実はこれは適格年金に限らず、確定給付タイプといわれる他の制度(確定給付企業年金、厚生年金基金)も本質的には全て同じことです【図表3】。当然ながら掛金を上げるとそのまま会社の決算書に影響が出ます。現在のような不況といわれる状況が続く中で、企業年金の掛金を上げるのは経営上難しいですよね。そこで、積立不足の生じない確定拠出タイプが脚光を浴びているのです。