ホーム > 人事制度ノウハウ> 人事考課(人事評価)制度改革7つのポイント> 人事考課を経営課題解決につなげる

業種別人事制度ノウハウ集
労働法実務入門シリーズ
人事テーマ別ノウハウ集
 

人事評価・賃金制度

 
 

退職金・再雇用(雇用延長)制度

 
 

その他人事テーマ

 
人事制度ノウハウ レポート集

人事考課を経営課題解決につなげる

現在のように経営環境がめまぐるしく変化する状況では、会社の経営方針や経営課題も大きく変わってきます。各社員にはその時々の経営方針・部門方針に基づいて活動してもらわないとなりません。したがって従来からの評価基準を踏襲するのではなく、会社が打ち出した経営方針、部門方針に沿った成果を上げた社員を、高く評価できるような評価基準としなければなりません。

例えば営業部門などで、新規顧客を増やさなければならないという課題があれば、新規開拓を積極的に行い、新規顧客の掘り起こしを行った社員が、高く評価されるような制度にするべきです。また売掛金の回収が必要な時期であれば、売掛金回収率を評価項目の一つとして重要視しなければならないでしょう。

さらに同じ営業部門であっても、営業職と管理職では期待されるレベルが異なります。管理職であれば、チーム全体の売上高や粗利益高などの業績達成に加え、営業施策の立案実行や部下指導などが求められます。

人事制度は企業経営の中のひとつのシステムです。会社の経営方針が変化すれば、それに合わせて社員に対する期待成果や評価基準も変わってきます。経営方針に沿って人事考課を改革し、経営課題や部門課題に沿った成果をあげた社員を評価し処遇することができる人事制度をつくり上げましょう。

人事考課(人事評価)制度の見直しに関するお問い合わせ

人事戦略研究所では、上場企業から中小企業まで300社を超える企業の人事制度改革を支援してきました。人事評価制度の見直しについて、ご相談などお気軽にお寄せください。後日、担当者よりご連絡差し上げます。

人事考課(人事評価)制度の見直しに関するお問い合わせ

テーマ [必須]
貴社名 [必須]
部署名
役職名
お名前 [必須]
電話番号 [必須]
メールアドレス [必須]
お問い合わせ内容 [必須]
個人情報保護方針 [必須]