ホーム> 人事コンサルティング> 評価者研修

人事コンサルティング

評価者研修

人事制度が機能しないのはなぜ?

という企業様の声をよく耳にします。なぜこのようなことが起こるのでしょうか。これらの原因の多くは、評価者の「評価スキル」「フィードバックスキル」「リーダーシップ力」の未熟さにあります。すなわち、人事評価・賃金制度がうまく運用され、定着するためには、「管理者の評価スキル・リーダーシップスキルのレベルアップ」が不可欠なのです。

プログラムの特徴

人事評価、指導に必要な基礎的スキルを身につけ、評価者の部下指導力を強化する!

STEP1:評価者基本スキル研修(1)目標設定スキル強化研修

部下の目標設定の導き方を学び、行動に向けたモチベーションを高める。

研修のねらい

  1. 目標設定のプロセスを実体験する
  2. 面談ロールプレイングにより、目標面談時のクセを正す
  3. 目標評価の正しい進め方を知り、評価基準の擦り合わせを行う

プログラム概要

NO実施テーマ研修概要
オリエンテーション・研修の狙い
1目標設定の方法・目標項目の設定方法(目標の見つけ方)
・達成基準の明記方法
・目標設定しずらいケースへの対応
2目標設定プロセス・目標共有化ミーティングの進め方
・個人の目標設定の流れ
3目標設定面談の進め方・面談シミュレーションの作成
・面談ロールプレイングの実施
4目標評価の進め方・評価基準の読み取り方
・目標評価の仮実施
・評価基準の擦り合わせ(実例討議)
5研修のふりかえりとまとめ 

実施概要

実施時間:半日研修(4時間程度)

STEP1:評価者基本スキル研修(2)評価スキル強化研修

人事制度の目的、評価者の役割を理解し、正しい評価プロセスを習得する。

研修のねらい

  1. 評価者としての役割を認識し、評価への前向きな姿勢を促す
  2. 自分の評価のクセ(評価エラー)を認識し、改善につなげる
  3. 評価基準の擦り合わせを図り、公正な評価を実現する

プログラム概要

NO実施テーマ研修概要
 オリエンテーション・研修の狙い
1人事評価の原則と評価者の役割・評価者の役割認識度チェック
・人事評価5つの原則
2評価傾向とは?・「良い評価」と「悪い評価」
・評価傾向(評価エラー)の自己チェック&防止策
3正しい評価の進め方・行動記録メモの取り方/評価事実の抽出
・評価基準の見方
・ケーススタディ ~評価事実の当てはめと評価基準の選定
4評価基準の擦り合わせ・部下の仮評価の実施
・評価基準の擦り合わせ(実例討議)
5研修のふりかえりとまとめ 

実施概要

実施時間:半日研修(4時間程度)

STEP1:評価者基本スキル研修(3)面談スキル強化研修

評価面談の効果的な実施方法を習得し、部下と課題認識を共有する。

研修のねらい

  1. 評価面談の意義・実施目的を理解する
  2. 面談前のシミュレーションを作成し、面談時の論点を絞る
  3. 面談内でのコミュニケーション・スキルを向上させる

プログラム概要

NO実施テーマ研修概要
 オリエンテーション・研修の狙い
1評価面談の種類と実施目的・各種評価面談の位置付け・実施手順
2コミュニケーション・トレーニング・「オープン・クエスチョン」(演習)
3面談準備の進め方・面談シミュレーションの作成
・面談ロールプレイングの実施
4面談における留意点・アクティブ・リスニング(傾聴のスキル)
・質問のスキル
・面談実施ステップごとの留意点
・面談でやってはいけない事柄
5研修のふりかえりとまとめ 

実施概要

実施時間:半日研修(4時間程度)

STEP2:管理者リーダーシップ研修(1)部下への影響力向上研修

リーダーの役割を理解し、指導力を発揮する上で必要な影響力を高める。

研修のねらい

  1. 部下に対する影響力を向上するポイントを学ぶ
  2. 部下のモチベーションを引き出すアプローチ方法を体得する
  3. 体感ワークを用いて、リーダー自身の具体的な行動変容を促す

プログラム概要

NO実施テーマ研修概要
 オリエンテーション・研修の狙い
1ワールドカフェ・部下指導力強化のポイントについての見識交換
2部下への影響力向上要素・「見本言動」今できる・変えられる範囲から"できる"状態へ
・部下・後輩(チーム・メンバー)に対する「動機」「愛情」を磨くために
・「受容」相手が心を開くアプローチとは
3部下のモチベーション向上を図るために・有能感の醸成
・プラス・ストロークの活用
4リーダーシップ・クレド(信条)検討・リーダーとしてのクレド(信条)の明確化
5研修のふりかえりとまとめ 

実施概要

実施時間:1日~1泊2日研修

STEP2:管理者リーダーシップ研修(2)コーチング技能向上研修

基礎的なコーチング・スキルを身につけ、部下育成力の底上げを図る。

研修のねらい

  1. 部下の自発性とやる気を高めるコミュニケーション力を養う
  2. 部下の課題を明確にし、効果的な課題解決策を導き出す力を磨く

プログラム概要

NO実施テーマ研修概要
 オリエンテーション・研修の狙い
1コーチングの評価面談における活用・コーチングとは
・評価面談時における活用イメージ
・コミュニケーションの基本
2コーチングの基本スキル・「傾聴スキル」
 ~ラベリングの解除、アクティブ・リスニング(積極的傾聴法)~
・「承認スキル」
 ~承認ワーク、Iメッセージの活用、行動促進の影響力~
・「質問スキル」
 ~チャンクダウン、リフレーミング~
3コーチングの実践的活用 
4研修のふりかえりとまとめ 

実施概要

実施時間:1日~1泊2日研修

資料請求:評価者研修

資料名 [必須]
貴社名 [必須]
部署名
役職名
お名前 [必須]
郵便番号 [必須]
都道府県 [必須]
市区町村・番地 [必須]
ビル名等
電話番号 [必須]
メールアドレス [必須]
個人情報保護方針 [必須]

※お客様の個人情報は、当社「個人情報保護方針」にもとづき、適切に管理します。

※本フォームでご入力いただいた情報は、当社の提供するサービス・セミナーなどをご案内する目的にのみ利用させていただいております(メールマガジンなど)。

※情報セキュリティ強化の関係上、フリーメールアドレスのご入力はなるべくご遠慮くださいますようお願いいたします。場合により、控えメールが到着しない可能性がございます。