ホーム> 人事制度Q&A> 評価者の評価結果のバラツキが大きく困っています。評価者間の甘・辛を是正する方法はあるでしょうか?

株式会社新経営サービス
人事戦略研究所

〒600-8102 京都市下京区河原町五条西入本覚寺前町830 京都EHビル6階

TEL:075-343-0770
FAX:075-343-4714
E-mail:

「業種別人事制度」シリーズ

人事制度Q&A

評価者の評価結果のバラツキが大きく困っています。評価者間の甘・辛を是正する方法はあるでしょうか?

評価者間のバラツキは、人事評価を実施する際、最も多くの企業が抱かれる悩みの1つです。

是正する方法としては、
(1)評価者訓練・評価者研修を定期的に実施する。
(2)評価調整方法を工夫する。
といった対策が考えられます。

評価者訓練については、実在する特定社員の評価を複数で行ない、食い違う部分をディスカッションしていくスタイルが効果的です。他の人と評価目線を合わせることができます。

評価調整については、例えば部門ごとに「持ち点」を設定しておき、その部門の評価合計が「持ち点」を超えないようなルールにしておけば、部門間の評価結果を一定範囲内に収めることができます。

一覧に戻る