ホーム> 人事制度Q&A> 人事評価表(人事評価基準)をつくる際のポイントを教えてください。

株式会社新経営サービス
人事戦略研究所

〒600-8102 京都市下京区河原町五条西入本覚寺前町830 京都EHビル6階

TEL:075-343-0770
FAX:075-343-4714
E-mail:

「業種別人事制度」シリーズ

人事制度Q&A

人事評価表(人事評価基準)をつくる際のポイントを教えてください。

人事評価基準ですが、評価の目的をどこに置くかによって内容が変わります。とにかく社員の評価区分が判定できればよいという会社であれば、全社共通のごく簡単な基準でよいでしょう。

ただし、本来人事評価を行なう目的は、社員の能力開発や意識づけを行うことです。であれば、評価基準に社員への期待成果や期待行動を表わすことで、その基準をクリアしているかどうかを判定できるようにすることが重要です。

その場合には、職種別に人事評価表を作成することをお勧めします。営業職、技術職、事務職といった職種ごとに、期待役割が異なるからです。例えば、「わが社が営業職に期待する成果、行動、スキルは何か」といった議論により評価項目を抽出し、項目ごとの評価基準(モノサシ)を設定していけばよいでしょう。

当サイト内の「人事の書式・シート」で職種別の人事評価表サンプルを公開していますので、参考にしてください。

一覧に戻る