ホーム> 人事制度Q&A> 報奨金制度の導入を考えています。 報奨金制度設計のポイントを教えてください。

株式会社新経営サービス
人事戦略研究所

〒600-8102 京都市下京区河原町五条西入本覚寺前町830 京都EHビル6階

TEL:075-343-0770
FAX:075-343-4714
E-mail:

「業種別人事制度」シリーズ

人事制度Q&A

報奨金制度の導入を考えています。 報奨金制度設計のポイントを教えてください。

報奨金制度を上手に活用すると、あまり人件費コストを増やさず、社員の業績向上へのインセンティブを高めることができます。

営業部門や店舗部門であれば、部門全体や個人の売上高目標の達成時に一定金額を支給する、といったしくみです。利益や新規顧客開拓、新商品販売、在庫回転率など、社員の意識を高めたい業績指標を重点的に設定して、制度化するのがよいでしょう。

報奨金制度を設計する際のポイントを整理すると、以下のようになります。

  • 1.シンプルであること
    複雑な指標を設けない。簡単明瞭な基準とする。
  • 2.達成可能な基準を設定すること
    高すぎる達成基準は、かえってやる気を低下させる。
  • 3.効果的な支給方法を演出すること

できれば現金で、皆の前で達成感を味わえるように手渡す。デフレ経済下において、給与や賞与を大幅に増やすことはできません。報奨金制度を社内の業績意識向上の施策として、是非とも活用してください。

一覧に戻る